FX 四本値を掲載

思惑の「もと」となっているのは、経済指標や国際情勢、政治の動向です。例えば「人民元切り上げにまつわる思惑により円か買われた」「米国の利上げ継続観測により、ドルが買われた」との報道が出ます。v

午前い11時に為替レートをチェックしたところ、予想通り円安の流れになってきましたが、まだその勢いが続きそうなので、決済をせずにもう少し我慢することにしました。午後4時前に為替レートが目標のIドル=121円台に達しだのをFX 四本値を掲載確認し、売ることにしました。結局、Iドル=121・14円で売却できました。

時間帯ごとのオススメ取引例・・昼間の取引はトレント夜間は指標を重視出社前にキャピタルゲインをゲット早朝の細かな値動きに注目して売買による利益(キャピタルゲイン)を狙おう昨夜からのトレントは上昇?下落?

米国の金融政策や通貨政策に影響を及ぼすため、その数字が公表される前後から、マーケットでは思惑が交錯するようになる。ただひと言で「雇用統計」といっても、その中には「失業率」や「週労働時間」「平均受給」「非農業部門雇用者数」など、全部で10項目程度の小項目に分かれており、それぞれについて統計が取られている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>